高速回転で揚げカスから油を分離
安全な処理で火災を予防します

遠心分油機 OCN-200

  • 遠心力を利用して揚げカスと油を分離します。
  • 回転速度制御により非常に静かです。
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
WebカタログWebカタログ シリーズカタログシリーズカタログ

高い処理能力とコストメリット

揚げカスの約半分を油として再生できるだけでなく処理後の揚げカスの廃棄費用も低減できます。

1度に500gの揚げカスを
30秒で処理します

遠心分油機にセットします

運転ボタンを押してスタート
1回の処理時間は約30秒

500gの揚げカスから
約250gの油を採取できます

自然発火防止で安全・安心

高速回転で分油することにより、揚げカスは冷却され、揚げカスの温度を 一気に下げるので、酸化による自然発火を防止します。
1回あたり30秒で、150℃の揚げカスが75℃以下まで冷まされます。

お手入れしやすい構造

各パーツは取り外して洗浄が可能です。また、本体内部も洗浄でき、清潔に保てます。

処理量にあわせて2タイプ

OCN-200

処理能力  500g/回

OCN-350

処理能力 1500g/回

 

動画で製品紹介

ニチワ電機 遠心分油機  ~フライや天ぷらなどの揚げカス処理に~

主なラインナップ一覧


  • OCN-200

  • OCN-350
  • その他のラインナップはこちら